• TOP
  • 市民文化団体
  • ヒワラニ・カイカ・マーヒネ 魅力的な少女たち (フラガール甲...
  • TOP
  • 福島文化自慢
  • ヒワラニ・カイカ・マーヒネ 魅力的な少女たち (フラガール甲...
  • TOP
  • 記事
  • ヒワラニ・カイカ・マーヒネ 魅力的な少女たち (フラガール甲...

ヒワラニ・カイカ・マーヒネ 魅力的な少女たち (フラガール甲子園2011・2012第2位)

〒971-8124 福島県いわき市小名浜住吉字冠木41-1ダイアナ プリエ内
TEL:0246-58-7148

代表 山口美千代さん

ヒラワナ・カイカ・マヒーネ フラダンス

ヒラワナ・カイカ・マヒーネ フラダンス

小名浜高校に入学した娘が震災前から、ハワイアンセンターのフラガールだった横山寛子先生のフラダンス教室に通っていました。横山先生にお願いして、チームをつくろうということになったんですね。それで娘の高校の同級生に声をかけて、正式部活ではないですけど、小名浜高校のフラダンスチームとしてスタートしました。震災のあった3月23日に、第一回のフラガール甲子園がいわきで開催される予定で、それに参加するつもりで練習していました。
でも、震災で、小名浜も大きな被害に遭って、横山先生のご自宅も流されて、私の家も住めない状態でした。私は豊間小、豊間中の出身なのですが、昔から知っていた方も家を流されたり、亡くなった方がいます。水素爆発があって、みんなが避難して、バラバラになりました。私も娘と群馬にいきました。ひと月して戻ってみると、稽古場も被災して、使えない状態でした。チームもみんなが集まれるかわらない状態でしたね。フラどころじゃない…という状態だったんです。

でも、戻ってすぐから、子どもたちが避難所や老人ホームで踊り出したんです。横山先生が避難所にいらして、ご自分も大変なのに、避難されているみなさんにストレッチの指導などされていて、それを見た子どもたちが、自分たちにできることで被災した方たちを応援したい…そんな気持ちになったのだと思います。その気持ちに親もひっぱられて、8月に東京秋葉原でフラガール甲子園に参加しようということになりました。被災して娘や同級生の子どもたちの中に、いわきのために自分たちにできることをやりたいという気持ちが強く生まれたと思います。東京に出て、芸能や踊りの世界にいくのではなく、このいわきでいわきのために踊れる仕事につきたい…その思いから娘はまだスパリゾートハワイアンの受験を目指しています。

ヒワラニ・カイカ・マーヒネ

ヒワラニ・カイカ・マーヒネ

ヒワラニ・カイカ・マーヒネ

ヒワラニ・カイカ・マーヒネ

ヒワラニ・カイカ・マーヒネ

ヒワラニ・カイカ・マーヒネ


ヒワラニ・カイカ・マーヒネ

ヒワラニ・カイカ・マーヒネ

ヒワラニ・カイカ・マーヒネ

ヒワラニ・カイカ・マーヒネ

ヒワラニ・カイカ・マーヒネ

ヒワラニ・カイカ・マーヒネ


ヒワラニ・カイカ・マーヒネ

ヒワラニ・カイカ・マーヒネ

ヒワラニ・カイカ・マーヒネ

ヒワラニ・カイカ・マーヒネ

ヒワラニ・カイカ・マーヒネ

ヒワラニ・カイカ・マーヒネ


ヒラワナ・カイカ・マヒーネ フラダンス

ヒラワナ・カイカ・マヒーネ フラダンス

ヒラワナ・カイカ・マヒーネ フラダンス

ヒラワナ・カイカ・マヒーネ フラダンス



 

コメントを残す

Scroll To Top