有限会社 菓匠梅月

福島県いわき市久之浜字南畑田6 
TEL:0246-82-2020

店主片寄清次さん

有限会社 菓匠梅月

有限会社 菓匠梅月

7年前に息子に店を譲り、隠居していたのですが、突然他界し、再び店を始めました。そこに震災です。震災で私の店を含め、地域の50軒が燃え、私に残ったのは免許証と電話だけでした。何もかもどうでもよく、絶望というのはこういうことかと知りました。それでも店を再開できたのは、「梅月のお菓子をもう一度食べたい」という地元の人たちの声でした。明治24年に創業してからこれまで、地域のみなさんにこんなに愛されていたのかと思うと何とかやってみようという気持ちになりました。いま82歳の私が地域のためにできること…それは梅月のおじさんもがんばてる…という姿を見せることでみなさんに元気になってもらいたいからです。息子が遺してくれた孫が私の跡を継いでくれると言い出しました。梅月の菓子を継ぐことは、久之浜の地域を後世の人に継いでいくことだと思っています。



梅月のおすすめ「かしわ餅」「餡子入りすあま」

餡子入りすあま

餡子入りすあま

1年を通じて販売され、梅月といえば…といわれるのは「かしわ餅」。そして、以前は年に一度十五夜の日にしか販売されていなかった「餡子入りすあま」(写真)。午後2時過ぎには売り切れ状態になります。Smart City FUKUSHIMA MOVEのために、限定で各3セット(1セット5個入り)を限定発売いただきます。惜しくも購入できない方はぜひ、いわき市久之浜までお運びください。


コメントを残す

Scroll To Top