砂田好正さんの福島応援学習バスツアー感想

福島応援学習バスツアー参加メンバー砂田好正からのシェア

12月7日(土)、8日(日)、福島学習応援バスツアーに参加した。妻・薫と妻の友人の佐藤さんが一緒に参加してくれた。タイトな旅程だったが、どこも欠けてはいけない充実したツアーだった。みな、印象的だったが、豊間公民館で見た、生徒が制作した短編映画が特に印象に残っている。生徒たちの震災に対する素直な表現が素晴らしいと感じた。岩瀬牧場、ふくしま農家夢ワイン、菓子処まつもと、薄磯の語り部や丸又蒲鉾、とまとランドいわきなど、そして夜明け市場のクメママ、訪れた福島の地域の皆さんが、歓迎してくれたことに感謝している。私は東京生まれの東京育ちである。いまだに震災の被害を受けた方々に何もできないでいる。そんな私であるが、今回おいしい福島の食べ物を購入することができたのが、ささやかな貢献だったかもしれない。そして地域の方々にそんなささやかな貢献しかできないことに焦燥を感じたのである。微力であるが、今後も福島に関わっていこうという思いを強くした1泊2日のバスツアーであった。

コメントを残す

Scroll To Top