• TOP
  • 記事
  • (有)木紅木(きくもく)

(有)木紅木(きくもく)

福島県いわき市好間町上好間字大畑100 
0246-36-5016

木紅木ストーリー
『農の未来に大地の恵みを本物と健康を伝承する新農業時代の応援企業』
を理念に掲げ、針葉樹木酢液の「木紅木キクノール」は、製材業を営んみながら端材のチップを有効できないかというところから端を発し、23年前に産声を上げました。
一般の木酢液とは違い、針葉樹を原料とし、発がん性物質が混入しないように一定の低い温度で製造。蒸溜したり希釈したりせず、本来の木酢液の長所を活かし、ピュアな木酢液作り造りを実現しました。
この良質な木酢液は、先進的プロ集団の「全国野菜園芸技術研究会推奨品」として、また、「国際自然農法研究センター」の指定資材に認定され、「農薬を減らせた、作物の食味・品質が良く、価格が安定して収益が上がった。」と全国の篤農家に喜ばれています。
人間の生命を育み、生命をつなぐ“食”。その“食”を生み出し得る“農”。安全で安心の豊かな農産物の生産を目指し、創業以来、一貫した取り組みで、このこだわりの“木酢液”を育ててきました。
この間、ガーデニングや有機菜園ブーム、オーガニックでのバラ栽培を提唱する梶みゆきさんとの出会いや、全国の多くの木酢液愛好家との出会いがスタッフの心の支えとなってきました。

そんな中での2013年3月11日の震災、福島原子力発電所から漏れだす放射能により、ここいわきは未だ風評に苦しめられています。
しかし、今現在、大きく問題視する心配のない状況にあって、この土壌を復活させていくことも私たちの使命ととらえ、震災後も、「木紅木の製品なら
信頼できる。商品を送ってほしい」と買い支えて下さったお客様に感謝しながら、これからも、変わらぬ良質木酢液の製造に努めつつ、日本の“農”を支えて行きたいという思いで、スタッフ一同日々邁進しております。




木紅木のおすすめ① 純正木酢液「木紅木キクノール○R」
20130617_キクノール針葉樹を原料とし木酢液専用プラントで煙の温度を管理して、発ガン物質が生成されないように作られた、極めて良質の木酢液。
ミネラル分や有効成分を失うことなく酢酸やクエン酸の他に、肥料成分をわずかに含み、「バラや草花が色鮮やかに、野菜も無農薬で味の良いのがたくさん穫れた♪」と喜びの声が寄せられています。




〇販売価格・購入方法。。。。。。。。。。。。。。。



純正木酢液「木紅木キクノール○R」 販売価格 1,050円(税込)

【ご購入は電話・FAX・ホームページより】
電話 0246-36-5016
FAX 0246-36-2314

http://kikumoku.co.jp/

20130617_DSCF0292木紅木の敷地内には、炭鉱跡が当時のまま残っています。これは、石炭の積み出し口で、レンガ造りは珍しいそうですよ。


コメントを残す

Scroll To Top