第3回事業 防災学習芋煮会「福島から学ぼう」in青山 終了報告

実施日:
平成27年12月5日
開催時間:
午後1時30分開場 午後2時~午後4時
協力:
港区立青山中学校・港区立青山中学校PTA・港区立青山小学校PTA
港区立青南小学校PTA・港区立青南幼稚園保護者会
後援:
港区・港区教育委員会
参加協力団体:
天栄村ヤーコン生産組合・そば茶屋てんえい(天栄村)・㈱センシン食品・㈱おのざき・一般財団法人天栄村振興公社・會空
参加状況:
港区青山地区の保護者、生徒、児童、地区自治会消防団など約150名
3image001

実施内容:

開催中、県のPR展示のほか、参加協力団体の展示試食を実施
3image005
3image003

◯「福島から学ぼう」

主催団体MOVE理事長秀嶋賢人と福井正仁青山中学校学校長の開会のあいさつに続き、福島県農産物流通課金子達也課長より福島県の実状を紹介。3image007

参加団体から、調理協力の天栄村ヤーコン生産組合長北畠絢子さん・そば茶屋てんえいの常松秀男さん。㈱センシン食品の高橋永真さん。㈱おのざきの小野崎幸雄さんらが、震災当時から現在までの体験を交えて被災の状況と取り組みを紹介。

3image009天栄村 常松秀夫さん
3image011いわき市 小野崎幸雄さん

3image013相馬市 高橋永真さん

◯ Smile Please藤原紀香チャリティ講演会

第2回事業で内堀県知事も訴えた、ふくしまプライドこそ、福島が苦難を乗り越える力であり、共感や感動の輪を広げる力になる。それに地域を越えて、自分たちひとりひとりが寄り添うことが防災の基本になるのではないか…。その思いを紹介。

3image0153image017

◯ 福島を知ろう 會空のワークショップ

県内からの避難住民を受けいれている会津若松市。大熊町からの避難者と伝統工芸会津木綿との出会いから生まれたのが會空。その會空によるブローチづくりのワークショップを実施。

3image019ブローチづくりを指導する 會空 川上美和さん

3image0213image025外国の子どもたちも体験3image023

◯ 福島を知ろう 芋煮試食会

中学校調理室を借りて、天栄村で下ごしらえしていただいた食材を調理。食材はすべてオール福島。
調理は天栄村のみなさんの応援とMOVEスタッフが担当。

3image0293image027
加熱と配布はキッチンカーを利用して実施(みなと保健所届済)
配布には、藤原紀香さんも参加
3image0313image0333image0353image037

コメントを残す

Scroll To Top