福島文化自慢

橘内酒店

福島県福島市南沢又河原前73-52 Tel/Fax:024-558-5553  http://sakezanmai.net/ 店主・橘内賢哉さん 新規取引の際も契約書などの書面を交わさない慣習が残る、昔ながらの日本酒業界。だからこそとことんまで味を見極め、蔵に出向いて杜氏さんの話を聞きます。「一生この酒と付き合っていく」という覚悟がないと新しい蔵元さんとは取引できません。 日本酒の素晴らしさを1人でも多くの人に伝えたい。そんな思いで、様々なイベントを企画しています。 月に1度、福島市内の飲食店さんにお願いして、日本酒の会を開催しています。開始当初と比べて若いお客さんがどんどん増えてきているのがとても嬉しいですね。特に女性の日本酒好きも多く、お一人でも酒屋を回るような熱意をもったファンも少なくありません(笑)

詳細 »

株式会社 相馬屋

〒971-8111 福島県いわき市小名浜大原字東田33番地1 TEL:(0246)73-0078 FAX:(0246)73-3100 http://www.soumaya.biz 代表取締役 佐藤守利 東京電力福島第一原子力発電所の事故を境に取引環境が一変。 放射能汚染への警戒心から、福島県に精米工場があるというだけで納入拒否、取引中止が相次ぐ。「原発を連想させる社名を変更しないと取り扱えない」といった指摘も取引先から受ける。弊社は、福島第一原子力発電所から50キロ以上離れており、放射線量は低い状況にある。しかし、そういった状況は取引先からはある程度、理解されつつも取引復帰は難しい状況が続いた。

詳細 »

和菓子工房しら石

本店:福島県いわき市常磐湯本町三函164 TEL:0246-42-2711 湯本中央店:福島県いわき市常磐湯本吹谷91 TEL:0246-43-0164 代表者 白石廣司さん 白石晃さん 先代のときから仕入れ販売の菓子店はやっていたのですが、生菓子を自家製造して販売するようになったのは、昭和40年頃からです。 本店の裏に、三函座という映画館があったんですが、もともとは芝居と演芸の劇場でした。もう廃業しましたが、地元の温泉旅館の経営者が地域の娯楽施設としてつくったようです。創業した頃、親戚である私たちが買い取って保存していましたが、老朽化が進んでいた上に、震災もあって、住宅地にあるため、倒壊したら周辺にご迷惑をかけるので取り壊しが決まりました。

詳細 »

(有)松葉屋

〒969-0401福島県岩瀬郡鏡石町鏡沼246 TEL:0248-62-2783 昭和51年にマッシュルームの生産を開始しました。マッシュルーム栽培は堆肥を使って栽培するものですから、これを利用して、周辺農家でも減農薬栽培をやろうというグループを立ち上げてきました。それがいま提供している有機米コシヒカリ、ハーブ、キュウリ、ナス、メロン、ミニトマト、いちご、洋梨やリンゴ、桃といった作物提供につながっています。米の稲わらは、隣村にサラブレッドを飼育している牧場があるので、そこでわらを踏ませて、それがうちのコンポストセンターにきて、堆肥になり、マッシュルームや周辺の農家で利表するというリサイクル農業法をやっています。

詳細 »

いわき湯本温泉旅館 吹の湯 

〒972-8321福島県いわき市常磐湯本町吹谷48 TEL:0246-42-2158 http://www.fukinoyu.jp/onsen.stm 代表 細川枝美子さん 開業して80年以上の歴史があります。周辺には、車で10分のところにある、スパリゾートハワイアンズ。家族連れに人気の化石博物館は3分、福島県内唯一の水族館アクアマリンふくしまは20分。また、平泉藤原氏の文化とつながる国宝、白水阿弥陀堂までは15分という近さです。湯本温泉は周辺のいろいろな観光スポットが楽しめ、温泉でも楽しめ、そして小名浜の海の幸も楽しめるという場所で、関東圏からも近いのでリピーターで来られる方の多いところでした。 それが震災で、一般の観光客の方の足が遠ざかり、地震への不安と原発事故の風評被害で大きな打撃を受けました。

詳細 »

FMいわき (株)いわき市民コミュニティ放送

〒970-8026福島県いわき市平字大町5-1 TEL:0246-25-0763(代) http://www.fm-iwaki.co.jp 取締役局長 安部正明さん 愛称 SEA WAVE FMいわき 開局日 1996年9月1日 周波数 76.2MHz 出力  20ワット 主な番組 朝・昼・夕の情報生ワイド番組、市政情報番組、市民参加番組など いわき市民コミュニティ放送[/caption]いわきでひとつに!! 福島県は、東北 6 県の南端に位置し県東を太平洋に面し、県西は日本の豪雪地区として名高い会津地方に向けて横に伸びています。 その福島県の東南端、茨城県との県境を有するのがいわき市です。人口 33万人、1,231平方キロメートルという広大な面積を有し、豊かな自然環境と温暖な気候風土に抱かれ、住みやすさにおいては、いくつかの指標で評価されると全国でもトップ5に入る環境が自慢です。

詳細 »

(有)ケーフーズ生田目

〒963-5402福島県東白河郡塙町大字常世北野字新八幡44 TEL:0247-43-0429 http://www.rakuten.ne.jp/gold/ksfoods/ 創業して38年です。私自身は千葉に就職して、大型農業機械の営業やっていたんですが、亡くなった家内の実家がコンニャクの原材料を提供していて、それで、脱サラして始めたんです。 コンニャクのほか農産物、卸売をやっています。福島、栃木、茨城、千葉、埼玉などで販売していますが、地方だけではやはり限界があるということで、いまは東京でのイベントや空き店舗を利用した販売に力を入れています。

詳細 »

平窪伝統芸能クラブ 子どもじゃんがら念仏踊り

じゃんがら念仏踊りは、いわきの地域を代表する伝統芸能です。それを継承する目的もあって、平第四小学校の保護者の方たちに協力いただきながら子どもじゃんがらにも力を入れています。ただ、あくまで子どもたちの自主性が大事ですので、保存会の保護者会みなさんでチラシをつくり、学校にお願してチラシを配布して、自分でやりたいと手を挙げたお子さんに参加してもらっています。

詳細 »

岩瀬牧場(有)イワセファーム

〒969-0401福島県岩瀬郡鏡石町桜町225 Tel:0248-62-6789 http://www.iwasefarm.com/ 代表取締役 伊藤喬さん 岩瀬牧場は明治初期から約130年続いている牧場です。日本最初の国営牧場として誕生し、牧場ばかりでなく、御料地として宮内省の管轄直営に置かれたのです。日本で最初にホルスタイン種牛をオランダから輸入し、オランダとの交流によって、欧米式大型酪農経営が進んだのです。このときの記念にオランダから贈られた鐘があり、これが後に文部省小学校唱歌「牧場の朝」となりました。 岩瀬牧場は、現在もオランダ大使館との交流を通じて、国際交流の基点とんっています。行政間の交流はもとより、文化、教育という広い分野での相互交流が進んでいます。

詳細 »

国見町「オール国見」の精神でまちづくりを!

〒969-1792 福島県伊達郡国見町大字藤田字観月台15 国見町観月台文化センター内 国見町は、震災被害による家屋の倒壊、液状化のほか、原発事故による放射能線量の増加による除染、廃土処理、健康被害への検査体制の確立といった多くの課題を抱えて、震災後を生きています。こうした課題の解決は、行政を含め、地域のさまざまな団体や組織、企業、住民が一致団結して取り組んでいくことが必要だと思っています。

詳細 »

Scroll To Top