協働団体の広場

心のケアをみんなでみつめ、考え続けましょう

ウェルリンク株式会社 〒113-0034 東京都文京区湯島1-5-28 ナーベル御茶の水2F Tel:03-5842-6081 WEB Site : http://www.welllink.co.jp/ 被災者サポートのためのマニュアル リラクセーション法 代表取締役 宮下研一さん 2000年の創業以来、働く方々の心とからだの健康づくりをお手伝いしているメンタルヘルス対策の会社です。 臨床心理士、産業カウンセラー、精神保健福祉士など専門スタッフが約80名在籍し、健康チェック、カウンセリング、研修や組織コンサルティングをご提供しています。 昨年、今年と、福島県の地方公務員の皆様にメンタルヘルス研修を実施しており、ストレス対処法やリラクセーション法などをお伝えしています。

詳細 »

NPO法人 Power of JAPAN

http://power-of-japan.com/ 会社概要 日本国内で発生する地震、津波、暴風、豪雨、豪雪、洪水、高潮、噴火その他の異常な自然現象により生ずる被害を受けた被災者に対し、災害救援活動に関する事業を 行い、被災者の生活の改善、被災地の復興に寄与することを目的とする。 創立2011年 -2011年3月11日、14時46分- その一瞬で大切な人を亡くされた方がいます。そして、大切な物をふるさとを失った方がいます。 私もその1人です。海の近くに生まれ育ち、大好きだった海。その海が私の大切なものを奪って行きました。美しいふるさとが戻るよう、大切な人たちが笑顔になれる日が訪れるよう、そんな思いから「Power of JAPAN」を立ち上げました。最初は、小さな呼びかけから始まったプロジェクトですが、1人また1人と仲間は増えて行き、海外や日本各地から本当に沢山の支援を頂き活動を続けて参りました。みなさまのご支援のお陰で被災地のみなさまの笑顔を頂いたり、それが支援してくださったみなさまの元気になったり、今日本は1つになろうとしています。

詳細 »

あづまっぺで会

ふくしま大使事務局 東京都台東区上野3-18-11-401 ㈱スペースワン内 http://www.fukushima-taishi.com/ 代表 赤井雅さん 2011年3月11日の東日本大震災後、都内在住でも地元福島のために積極的にボランティアに行き、様々な活動を通して復興支援を行っている友人たちがいます。 一方で、毎日仕事や子育てなどで忙しい日々を過ごしながら、なかなか故郷福島の復興支援に携わることができないでいる方々もたくさんいます。むしろほとんどの福島出身者は、後者ではないでしょうか。 「首都圏にいても大好きなふるさとのために、何かできないだろうか」という想いから生まれたのが『あづまっぺで会』です。「あづまっぺで」とは、福島弁で「集まろうよ」という意味の言葉です。

詳細 »

NPO法人 会津地域連携センター

会津地域にある「まちの駅」47か所と「道の駅」8か所がつながる広域地域連携によって、それぞれの特徴を生かしながら、会津地域全体の物産、観光情報と商品を広く告知、提供しようということで誕生した特定非営利活動法人です。会津地域にお客様を誘客することもですが、物産交流などを通して、全国の「まちの駅」「道の駅」に参加している企業や団体と会津の企業との連携も図っています。地元コニュニティ放送、FM会津とも連携しながら、情報発信にも努めてきました。

詳細 »

NPO法人相馬はらがま朝市クラブ 直売所 相馬報徳庵

福島県相馬市原釜字金草51-1 はらがま朝市ホームページ はらがま朝市クラブ Facebook 理事長 高橋永真さん  震災後被災して、津波で家屋が流されたり、半壊になった海鮮加工や鮮魚店の人たちは何もできなかったんです。避難先でおにぎりとカップヌードルしか食べれない生活の中で、避難先の魚を食べてたとき、いままで当たり前のように食べていた魚がほんとうにおいしいなって、ありがたいなって思ったんですね。それがあって、もう一度、この相馬でみんなで魚が食べられるようになったら…そう思ったんです。被災したみんなと力を合わせて、魚を扱える仕事をやって、それで、それぞれの自立につながっていければ…それがきっかけで、朝市クラブを始めたんです。  いつもあった自然体の生活というのが大事だと思うんです。

詳細 »

Scroll To Top