市民文化団体

久之浜よさこい 海神乱舞(わだつみらんぶ)

連絡担当者 水野谷さん  いわき市久之浜の主婦を中心につくられた団体で、登録メンバーは18名程です。活動を始めて10年になります。週2回、地元の久之浜小学校の施設を借りて練習し、久之浜祭りのほか、いわき市内、市外のイベントにも依頼があれば参加させてもらっています。 久之浜は津波被害のほかに火災もあって、メンバーの半数が家を流され、火事で焼けるという被害に遭っています。親戚や知り合いを亡くした人もたくさんいます。久之浜で暮らせないため、いまも市内の親戚の家や借り上げ住宅など仮住まいが続いている仲間もいます。

詳細 »

ヒワラニ・カイカ・マーヒネ 魅力的な少女たち (フラガール甲子園2011・2012第2位)

〒971-8124 福島県いわき市小名浜住吉字冠木41-1ダイアナ プリエ内 TEL:0246-58-7148 代表 山口美千代さん 小名浜高校に入学した娘が震災前から、ハワイアンセンターのフラガールだった横山寛子先生のフラダンス教室に通っていました。横山先生にお願いして、チームをつくろうということになったんですね。それで娘の高校の同級生に声をかけて、正式部活ではないですけど、小名浜高校のフラダンスチームとしてスタートしました。震災のあった3月23日に、第一回のフラガール甲子園がいわきで開催される予定で、それに参加するつもりで練習していました。 でも、震災で、小名浜も大きな被害に遭って、横山先生のご自宅も流されて、私の家も住めない状態でした。私は豊間小、豊間中の出身なのですが、昔から知っていた方も家を流されたり、亡くなった方がいます。水素爆発があって、みんなが避難して、バラバラになりました。私も娘と群馬にいきました。ひと月して戻ってみると、稽古場も被災して、使えない状態でした。チームもみんなが集まれるかわらない状態でしたね。フラどころじゃない…という状態だったんです。

詳細 »

じゃんがら念仏踊り 湯の華会

湯の華会 前会長 細川枝美子さん(吹の湯大女将) 10年ほど前、湯本の地域おこしに何かできることはないだろうか…旅館の女将さんたちや地元で事業をやっている店の奥さんたちがいろいろ考えて、いわきの伝統芸能のじゃんがら念仏踊りはどうだろうといことになったんですね。じゃんがらは、男性だけの踊りだったんですが、女性にもできるのではないか。郷土の芸能なのだから、女性も踊れるようになってはどうかというのがきっかけで始まりました。

詳細 »

平窪伝統芸能クラブ 子どもじゃんがら念仏踊り

じゃんがら念仏踊りは、いわきの地域を代表する伝統芸能です。それを継承する目的もあって、平第四小学校の保護者の方たちに協力いただきながら子どもじゃんがらにも力を入れています。ただ、あくまで子どもたちの自主性が大事ですので、保存会の保護者会みなさんでチラシをつくり、学校にお願してチラシを配布して、自分でやりたいと手を挙げたお子さんに参加してもらっています。

詳細 »

Scroll To Top